“これまでの常識をシェイクする” ボストンシェーカーを「BIRDY.」が作るとこうなる – カクテルライン「BIRDY. by Erik Lorincz」より「ダブルティンシェーカー」初登場!

1951年創業、愛知県豊田市で半世紀以上にわたり自動車部品を作り続けている町工場から生まれたファクトリーブランド「BIRDY.(バーディ)」(横山興業株式会社/代表取締役 横山 栄介)は、ブランドの主力であるカクテルライン「BIRDY. by Erik Lorincz(バーディ バイ エリック・ロリンツ)」の『DOUBLE TIN SHAKER(ダブルティンシェーカー)』を2019年4月18日(木)より発売を開始いたします。

「ダブルティンシェーカー」は、カクテルラインの共同開発者であるエリック・ロリンツとともに開発を進め、約4年の試行錯誤の末に完成しました。エリック・ロリンツは、125年の歴史を誇るサヴォイホテル「アメリカン・バー」の10代目ヘッドバーテンダーに歴代最年少で就任し、また2010年ディアジオ・ワールドクラスで世界チャンピオンに選ばれたトップバーテンダーです。

ステンレス素材と研磨を得意とする「BIRDY.」と、バー業界で活躍するトップバーテンダー、それぞれの技術と経験を活かして、これまでの常識を超えた高い機能を追求し、究極にシンプルな形へと落とし込んだ商品がこのボストン型シェーカー「ダブルティンシェーカー」です。カクテルシェーカーと同様に、シェイキングに合わせて縦方向に研磨をし、0.1ミクロンレベルで凹凸を残すことで、より早く冷やし、より効果的に攪拌し、よりきめ細やかな気泡を作り出して風味を豊かにします。また、氷に優しく、見た目にも美しいフォルム、使いやすい重量バランスなど、細部にこだわった設計となっています。

「BIRDY.」 は、昨年11月にブランド設立5周年を迎え、現在は国内と海外17の国と地域で展開されています。今後も、半世紀以上にわたり培ってきた職人技術を背景に、日本製にこだわり、ライフスタイルを豊かにする高機能なプロダクトを探求し続けていきます。

 

【商品概要】
商品名: DS80/50 ダブルティンシェーカー

本体サイズ:
50 TIN (約)直径 85mm × 高さ 120mm 容量 500ml 重量 150g
80 TIN (約)直径 90mm × 高さ 170mm 容量 800ml 重量 230g

材質: ステンレス
原産国: 日本製

希望小売価格
D80 /50 セット価格 18,000円(税抜)
50 TIN 単体 8,200円(税抜)
80 TIN 単体 10,800円(税抜)

■ 「BIRDY.」 BRAND CONSEPT

日本の技術で、より完成度の高い一杯を。
2013 年1月。愛知県豊田市の自動車部品メーカーで、自社技術を活かした独自製品の開発がはじまりました。金型用の研磨技術を転用して、辿りついたのはカクテルシェーカー。製造上の効率や見た目の美しさではなく、カクテルのために「あるべき姿」をデザイナーと追求。全国のバーでヒアリングし、今までにないデザインが完成しました。たとえばカクテルシェーカーは、内部の凹凸を少なくした流線型フォルムとフラットな底面、指になじむ丸みを帯びたトップが特徴。どのアイテムも無駄をそぎ落とした、使うほどに愛着のわくデザインです。“BIRDY.”というゴルフ由来の名称には、標準を意味するパーよりいいものを、という思いが込められています。

夢の実現、その先のレガシー。
ブランドを立ち上げる際に開発者が目標として掲げたのはカクテルの聖地と呼び声の高い、英国サヴォイホテル「アメリカン・バー」での採用。2014 年の3月に「アメリカン・バー」10 代目ヘッドバーテンダーのエリック・ロリンツはBirdyのカクテルシェーカーに出会い、手に取った瞬間にその高い品質と革新性に深い感銘を受けることとなります。「アメリカン・バー」での採用をきっかけに、現在では共同開発者としてバースプーン、ストレーナー、メジャーカップ、ダブルティンシェーカーなどラインナップを広げています。高品質な日本製のカクテルツールとして現在まで17の国と地域に輸出され、世界中のバーテンダーに愛用されています。

 

■ BIRDY. 公式サイト:http://birdy-j.com/

■ BIRDY. オンラインショップ:http://www.birdy.shop/

 

2019年カクテルブーム到来!進化するクラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ2019」 開催まであと2週間!日本初ボタニカルブランデー「mitosaya」×「苗目」コラボレーションスペシャル企画が決定!!

4月20日(土)から29日(月・祝)まで開催するクラフトカクテルの祭典『TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019(東京カクテル7デイズ 2019:運営 株式会社セロリ)』は、オープニングデイとなる20日(土)と21日(日)の2日間、メイン会場で展開する今年のスペシャル企画を発表いたしました。

そのひとつは「ボタニカル八百屋さん」。日本初のボタニカルブランデーを手がける「mitosaya 薬草園蒸留所」と、高級レストランやバーに完全オーガニックのエディブルフラワーやハーブを提供している「グランドロイヤルグリーン」とのプロジェクト「苗目」がコラボレーション。いよいよ発売される日本初のボタニカルブランデーをベースに、「苗目」から届く朝採れのフレッシュなハーブ&ベジタブルを使ったオリジナルカクテルを提供いたします。

また、同じくメイン会場には、世界のバーテンダー御用達の9つのグローバルブランドが集結します。ブランドごとにブースが並び、プロのバーテンダーが目の前で魅せるカクテルメイキングを、ライブ感覚で見ながらテイスティングを愉しむことができます。

その他、ブランドのアンバサダーなどプロフェッショナルによるカクテルメイキングやおすすめの飲み方、ペアリングなど無料で参加できるセミナーも目白押し。「Bar Bossa」のマスターで、昨年『恋はいつもなにげなく始まって終わる。』(幻冬舎)を出版した林伸次氏のトークショーも行われます。※セミナーの参加はパスポートを購入のうえ、事前予約となります。

 

オープニングデイ 4月20日(日)、21日(日)の2日間はVILLAGE(メイン会場)でスペシャル企画が目白押し!

■ スペシャルコラボレーション

日本初ボタニカルブランデーを手がける「mitosaya 薬草園蒸留所」× 完全オーガニックのエディブルフラワーやハーブを生産するプロジェクト「苗目」

2017年千葉県大多喜町より江口宏志さんが日本ならではのオードヴィーをつくることを目標につくられた「mitosaya 薬草園蒸留所」。また「苗目」は、千葉を拠点にハーブやエディブルフラワーを生産し、高級レストランやバーに提供する注目の作り手、グランドロイヤルグリーンの井上隆太郎氏とのプロジェクト。約1,500坪の敷地に8棟のビニールハウスを構えて植物を育て、囲まれた山々で自然に育った植物の採取を行っています。

今回のイベントでは、未発売の貴重なボタニカルブランデー数種を用意し、朝獲れのフレッシュなハーブ&ベジタブルを使ったスペシャルカクテルを特別に体験できます(有料)。メイン会場がオープンする2日間のみの提供となるので、この貴重な機会をお見逃しなく。

 

■ 9ブランドのポップアップバーが登場!無料でテイスティング

世界のバーテンダー御用達の9つのグローバルブランドが、メイン会場となる国連大学中庭広場に集結し、ポップアップバーを展開いたします。9つのブランドがオススメする最旬カクテルが勢揃い。カクテルパスポートを購入した参加者は、プロのバーテンダーが目の前で作るカクテルメイキングをライブ感覚で見ながら、無料でお愉しみいただけます。

 

■ 『東京カクテル7デイズ』とは

バーテンダーやカクテルファンを対象とした「Drink Planet(ドリンク プラネット)」が2017年に始めたカクテルイベントで、今年で3回目の開催となります。参加者はカクテルパスポートを購入して、VILLAGE(メイン会場)では無料でカクテルテイスティングやお酒のセミナーが楽しめます。また、参加しているトップバーやレストランバーを気軽にホッピングして、この期間のためだけに創作された自慢のカクテルをスペシャルプライス1,000円(税サ別)で味わうことができます。今年は計63店舗が参加し、創作されたカクテルは全252種類となります。*このカクテルの祭典に参加するには「カクテルパスポート」の購入が必須となります。

【パスポートに含まれる4つの特典】

  1. 9ブランドがVILLAGEで提供するカクテルが無料
  2. 特別講師によるお酒のセミナーが無料
  3. 63店舗のバーで特別カクテルを特別価格で
  4. 特別カクテル1杯の無料クーポン付き(税サ別)

 

【イベント概要】

■ イベント名:東京カクテル7デイズ 2019 – 進化するクラフトカクテルの祭典 –

■ 開催日時&場所:

1)Village [メイン会場]

国連大学中庭広場 (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
*Farmer’s Market @UNUと同時開催
2019年4月20日(土) 12:00~21:30 / 21日(日) 12:00~17:00 2日間限定
*カクテルパスポート交換場所
*9ブランドのポップアップバー展開&カクテル無料テイスティング
*セミナー開催

2) バーホッピング対象店舗
2019年4月20日(土)~29日(月・祝)
渋谷、恵比寿、新宿、六本木などを中心としたバー、レストランバー、ホテルバー、計63店舗

■ 参加カクテルパスポート価格:前売り 3,800円(税込)/当日券 4,500円(税込)
■ パスポート有効期間:2019年4月20日(土)~29日(月・祝)
■ 東京カクテル7デイズ 公式サイト:https://cocktailbar.jp/7days/

Facebook @cocktailbarconcierge  Instagram @tokyococktail7days