愛知県豊田市から生まれたファクトリーブランド「BIRDY.」- サプライ用品ライン「BIRDY. Supply」の高性能アイテム『Birdyキッチンタオル』に新色が登場!

1951年創業、愛知県豊田市で半世紀以上にわたり自動車部品を作り続ける町工場から生まれたファクトリーブランド「BIRDY.(バーディ)」(横山興業株式会社/代表取締役 横山 栄介)は、サプライ用品ライン「BIRDY. Supply(バーディ サプライ)」の人気のキッチンアイテム「Birdy キッチンタオル」より新3色を2019年10月25日より発売いたします。

「BIRDY. Supply」は、「BIRDY.」がバーテンダー向けのカクテルツールを中心としたブランドとしてスタートして以来、レストラン・バー業界で培ったノウハウとネットワークをもとに、現場の問題点を解決できる高性能な消耗品を作りたいという想いから生まれたサプライ用品ラインです。構想から約2年の歳月をかけて開発したキッチンアイテム「Birdy キッチンタオル」と「Birdy グラスタオル」は、“素早い吸収力”と“高い保水力”、そして“艶やかな仕上がり”を実現し、その高性能な使い心地は高い評価をいただいています。昨年5月の発売から、販売累計枚数2万枚を突破しました。(2019年7月末時点)

このたび、ステンレスを得意とするBIRDY.のシグネチャーカラー“グレー”に加えて、“ターコイズブルー” “イエロー” “ピンク”の新3色が登場します。飲食業界のプロフェッショナルな方々に認められた「Birdy キッチンタオル」をより多くの方に使っていただけるよう、ご家庭でも馴染みやすい豊富なカラーで展開いたします。

 

<Birdyキッチンタオルの製品の特長>
〇 飲食に関わるプロの声をもとに開発した新素材
「Birdyウォータースクラッチファイバー」を採用。
〇 糸と糸のミクロの隙間に水分が入り込む、
「毛細管現象」で高い保湿力を発揮。湿った後でも吸水性が長持ち。
〇 サッと拭くだけでスピード吸水。
洗い物の拭きあげ時間を大幅にカット。
〇 食器屋鍋、キッチンツール等のミクロの水アカを掻きとり、艶やかに仕上げます。
〇 原材料以外すべての製作プロセスを日本国内で行った「All processed in Japan」 =  「純正メイド・イン・ジャパン」の製品です。

 

 

【商品概要】
商品名: Birdyキッチンタオル
サイズ: Sサイズ 40×35cm/Mサイズ 40×70cm
カラー: マットグレー/ [新色] ターコイズブルー、イエロー、ピンク
素材: ポリエステル 70%、ナイロン 30%
価格: Sサイズ 1,500円(税抜)/Mサイズ 2,300円(税抜)

 

◼ 「BIRDY.」について
自動車産業で盛んな愛知県豊田市に工場を構える横山興業が、熟練の職人による独自の研磨技術を背景に、2013年にバーテンダー向けのカクテルツールを中心としたファクトリーブランドとして誕生しました。オリジナルで開発されたカクテルシェーカーは、攪拌効率を高める流線型のフォルム、内側に施されたミクロレベルの精密研磨により、素材本来の繊細な風味を引き出し、立体的な味わいに仕上げます。その効果、発売と同時に瞬く間にバー業界で話題となり、国内のみならず海外でも使われています。現在は、共同開発者として世界のトップバーテンダー、エリック・ロリンツ氏が加わり、カクテルラインは『BIRDY. By Erik Lorincz』(バーディ バイ エリック・ロリンツ)」として展開しています。
2016年には、新たにテーブルウェアのライン『BIRDY. TABLE』(バーディ テーブル)をスタート。タンブラーに続いて、2017年春に珍しいステンレス製のデキャンタ「Birdyデキャンタ」を発売。
2018年春、“良質なる消耗品”をテーマにした新ライン『BIRDY. Supply』(バーディ サプライ)が誕生。

BIRDY. by Erik Lorincz, TABLE, Supply 公式サイト:http://birdy-j.com/